iPhoneユーザーの方が割合が高いもの

スマホは色々な分け方ができますが、iPhoneユーザー、Androidユーザーという分け方も一般的ですよね。この2つで比較してiPhoneユーザーの方が割合が高いもの、というのがスマホレビューの載せられていました。それは、スマホをオーディオプレイヤー代わりに使用している人の割合。実際の数字としては、まずスマホをを音楽プレイヤーとしても利用している人はスマホユーザー全体の24%。その割合が「端末別に比べると、iPhoneユーザーは28.8%が、Androidユーザーは20%が「はい」と回答しており、iPhoneユーザーの方がスマートフォンで音楽を聴いている割合が高いこと分かった。」ということなんです。約10%近くiPhoneの方が多いんですね。iPhoneって小さいですよね。iPhoneを持ったことのない私は、iPodと間違えてしまうんですけど^^小さくてオシャレなものを好む人ほど、音楽好き^^ということなのでしょうかね^^ちなみに、端末の中に保存している曲の数は1~100曲が45.8%と最も多かったそうです。これ、ちょっと幅広くないですか?1~30まで、とか50までとかもう少し小刻みに調べても良いだろうに・・とどうでも良いことを考えてしまいました。
最新タグ GALAXY S5

Posted in 未分類 | Leave a comment

農場経営ゲームは のんびり楽しもう

スマートフォンは、ちょっとしたすき間時間に使えるので、ゲームをやるのにも最適ですよね。
私もドコモ スマートフォンで時々ゲームを楽しんでいます。
そんなスマートフォンゲームで最近人気なのが『ヘイ・デイ』という農場経営ゲームだそうです。
これまでにも農場経営ゲームはいろいろなものが登場してきましたが、この『ヘイ・デイ』は、食物が枯れないというところが最大の特徴だとか。
よくある農場経営ゲームは、作物がなってからしばらく放置しておくと、枯れてしまうものがほとんど。
ゲームとはいえ、忙しくて追われている感があったんですよね。
作物が枯れないということは、自分のペースでのんびりゲームを楽しめるというわけです。
動物たちの姿もとってもかわいい『ヘイ・デイ』、先日アンドロイド版も登場したとのことなので、私もさっそくやってみようかなと思います。
最新記事 仕事もコレ1台で行ける時代に Lサイズスマホで、取材から記事執筆までをトータル管理

Posted in 未分類 | Leave a comment

今夜のメニューに迷ったら

主婦の悩みは、毎日の食事作りだと答える人、多いのではないでしょうか?
私も毎日『今夜は何にしよう』と悩んでばかりいます。
そんなメニュー選びに困った時に便利なのが、『クックパッド』です。
家にある材料などから、最適なレシピを探し出すことができるので、私もよくドコモスマートフォンで『クックパッド』を利用しています。
この『クックパッド』には、いつも利用している近所のスーパーの特売情報を調べることができるアプリが、アンドロイド用に以前からありました。
今回、そのアプリがiPhone向けにも登場したとのこと。
自分がよく行くスーパーの特売情報が分かって、しかもその材料に合わせたレシピも紹介してくれるというのは、至れり尽くせりで本当に助かりますよね。
今夜のメニューは何にしよう…と迷ったら、まずは『クックパッド』を見るのが、これからの主婦の習慣になっていくかもしれませんね。

Posted in 未分類 | Leave a comment

ついにドコモもiPhoneを取り扱う日が来るのか?

連日報道されている次期iPhoneの新モデル。9月10日に発表イベントが控えていますが、これまでと同様にソフトバンクとauからの発売になる見込みと報じられています。アップルから販売が予想されるのはハイエンドモデルの「iPhone 5S」と廉価版の「iPhone 5C」の2モデルということなので、今回もドコモからのiPhone発売はなさそうだと言われていますが、発売後にもしかしたら取り扱いするんじゃないかと期待しているユーザーもいるのではないでしょうか。秋冬商戦はスリートップ戦略で巻き返しを図るのでは・・・など色々言われているドコモですが、気になる新型iPhoneの日本での発売は9月20日頃になるのではないかと予想されています。あと1ヵ月弱ですね。色んな続報に目が離せませんね。
参考記事 GALAXY S4か、iPhone 5か?……スマートフォン選びのポイント

Posted in 未分類 | Leave a comment

ドコモのサイドバック MEDIAS X

NTTドコモ向け夏モデル新製品「MEDIAS X N-06E」は、ツートップには選ばれなかったものの、それでもスマートフォンユーザーの「大きい、重い、片手で使えない、使い方が分からない」といったニーズに応えるべくエレガントなスリムボディに美しいイルミネーションを装備し、快適な使いやすさを実現しているように思います。片手操作に最適な8.5mmの薄さ・手になじむよう、端末の下部にはスロープ形状を採用・タップした箇所をズームアップ表示できる「拡大鏡」機能・キャップレスで防水に対応するイヤホンジャック・上下に柔らかな光が拡散する「オーロライルミネーション」機能・状況に応じて着信音が変化する「しっかり着信音/ しっかりアラーム」機能とツートップに劣らないほどの多彩な機能が満載です。オートマティック機能も日常生活の上で便利だと思うので、ショップに立ち寄った時はチェックしてみてください。
関連タグ ギャラクシーS4

Posted in 未分類 | Leave a comment

韓国国防部で職員らのスマホ機能を制限

これは日本ではなく韓国での話ですが、韓国国防部で構築したmdmによって、スマホを所有する職員は特定のアプリを設置しないと国防部内にスマホを持ち込むことができなくなる、ということです。つまり、スマホによって国防部内の情報流出を防ぐということですよね。今や世界中にスパイは存在し、スパイでない人でも情報の引き出し方によってはスパイのような役割を担ってしまうことがあります。また、情報を流出する意図はなくても、外部からの侵入やミスリードなどによって情報は簡単に抜かれてしまいますよね。この韓国の国防部では、iPhoneにかかってきた電話も受けることができず、さらにショートメッセージも受信不可となるそうです。さらに、カメラ撮影の機能も遮断されることとなるそうで、こうなるとiPhone所有者はAndroidに機種変更した方が良さようですね^^でも、国防に関わる役所である以上、これくらいの不便は当たり前にも思いますね。

Posted in 未分類 | Leave a comment

アンドロイドの新たな挑戦

アンドロイドの新たな方向性を見るには、最新機種を見るのが一番です。スマートフォンに関連して、タブレットの最新機種情報を見るのもいいです。先日発表されたのは、サムスンのギャラクシータブレットです。ギャラクシーはスマートフォン専用のブランド名と思っていた方も多いでしょうが、タブレット端末にも使われているのです。アップル社の製品の頭にiがついているようなものです。ギャラクシータブレットのおお白いところは、その小ささです。7インチということで、これまでのタブレットの中では最小クラスです。これは、今度発売されるギャラクシーノート3というスマートフォンの大きさと比べると、その面白さがわかります。ノート3の画面の大きさは、なんと6.3インチです。おわかりのように、両者はほとんど同じ大きさなのです。スマートフォンとタブレットの違いが、いよいよ無くなってくるのです。そうなると、両者の住み分けはどうするかという課題が出てきます。
関連記事 「GALAXY S4」レビュー(前編)–ほぼ万人向けの全部入りスマートフォン

Posted in 未分類 | Leave a comment

アプリを診断、個別解析サービス

スネットエージェントは公開前のAndroidアプリを事前にリスク診断するサービス「Androidアプリ個別解析サービス」の提供を開始した。Androidアプリ個別解析サービスは、同社が提供するAndroidスマートフォンのアプリに内在する「ユーザーにとってのリスク」を判定する「secroid(セキュロイド)」のエンジンを利用。「外注したアプリが仕様以上の情報を取っていないか」「詳細を知らずに入れたライブラリが何か異常な動作をしていないか」といったリスク評価を行うことができる。加えて、アクセスする可能性のあるURL、導入されている広告モジュールの一覧などもチェックできるとのこと。企業向けのサービスのようですね。最近は企業でもスマートフォンの利用が増えていますね。セキュリティ強化をしたいならおすすめです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

アンドロイドのタブレット

スマートフォン市場で起こった最近の出来事として、アンドロイド機種の躍進があります。アンドロイドスマートフォンは、以前はこれといった機種もなく、ブランド力などでiPhoneに大きな差を付けられていました。しかしながら、基本性能の大幅なアップに加え、デザイン性やネームバリュー、ブランド力も着実につきはじめ、今ではiPhoneに対抗できるようなブランドも育ちつつあります。そんなアンドロイドについては、スマートフォン市場で起こしたことを、今度はタブレット市場でも起こしているようです。タブレット端末についても、アンドロイドはapple社に遅れをとっていました。そもそもスマートフォンもタブレットも、その形をappleが決定づけたということもあります。ただ、アンドロイドはスマホと同じように、機種のラインナップの豊富さで、iPadを凌駕しようとしています。実際、調査結果などでアンドロイドタブレットの躍進が続々と報告されています。

Posted in 未分類 | Leave a comment

アンドロイドと廉価版iPhone

アンドロイドを搭載したスマートフォンの売上は、今まさにピークを迎えそうです。これには二つの意味があります。アンドロイドとiPhoneは今や互角の闘いをしています。ですから、ここをピークとして、いよいよ本格的に、純粋に術力だけに従った、一騎打ちが始まるのかもしれません。そうなると、今回がピークである場合と、今後もさらにピークを更新し続けるという場合があります。アンドロイドはこのままの勢いで行くと、スマートフォン市場を支配してしまします。iPhoneの強さを考えると、それはまずありえないでしょう。しかし、今後のiPhoneの動きは非常に重要なものとなってきます。そんな中、iPhoneは高性能化や革新的な機能、デザインの発表などといった手法は出尽くした感があります。それでもまだ、想像の上を行くアイディアをもっているのかもしれません。それはそうと、iPhoneの次回作は価格が目玉という声もあるのです。廉価版を出すことで、シェアを再び奪い返そうという考えでしょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment